長崎県のがん検診について トップページ

がん検診指針による検診項目及び対象者

対象者 実施回数 検診項目
胃がん 50歳以上の男女
(ただし、胃部X線検査は当分の間40歳以上として差し支えない)
2年に1回
(当分の間、胃部X線検査を年1回実施しても差し支えない)
  • 問診
  • 胃部X線検査または胃内視鏡検査
子宮頸がん 20歳以上の女性 2年に1回
  • 問診
  • 視診
  • 子宮頸部の細胞診
  • 内診
肺がん 40歳以上の男女 年1回
  • 問診
  • 胸部X線検査
  • 喀痰細胞診※原則50歳以上で喫煙指数(1日本数×年数)600以上
乳がん 40歳以上の女性 2年に1回
  • 問診
  • 乳房X線検査(マンモグラフィ)
    「視触診は推奨しないが、仮に実施する場合は乳房X線検査と併せて実施すること」
大腸がん 40歳以上の男女 年1回
  • 問診
  • 便潜血検査
*対象者、実施回数及び検診項目については、市や町、検診実施機関によって異なる場合があります。

このページの先頭へ