長崎県のがん検診について トップページ

がん検診事業の評価の指標について

がん検診の事業評価は以下の3つの指標で行うことが適当とされています。

  1. 技術・体制的指標
    • 検診実施機関の体制の確保(設備や医師・技師等の要件等)
    • 実施手順の確立等
  2. プロセス指標
    • がん検診受診率
    • 要精検率
    • 精検受診率
    • 陽性反応適中度
    • がん発見率等
  3. アウトカム指標
    • 死亡率

 がん検診の目的は、がんによる死亡率減少であるため、がん検診の事業評価は、3.アウトカム指標である死亡率の減少により行われるべきであるが、死亡率減少効果があらわれるには相当の時間を要すること、人口の少ない市町単位での評価が困難であることから、1.技術・体制的指標2.プロセス指標の評価を徹底し、結果としてがんによる死亡率減少を目指すことが必要。と、今後の我が国におけるがん検診事業評価の在り方について報告書に記されています。
 よって、長崎県がん検診事業評価・精度管理事業においては、チェックリストを用いて、市町と検診実施機関の実態調査を行い、がん検診の実績調査によりプロセス指標を算出します。

【この調査の集計で算出しているプロセス指標の定義】

指標 説明
受診率 がん検診の対象者のうち、実際に受診した者の割合。
受診率は高いことが望ましい。
要精検率 がん検診の受診者のうち、精密検査が必要と判断された(=要精検)者の割合。
要精検率が高い場合には、精密検査が必要でない人に「要精検」と判定している場合があり、逆に要精検率が低い場合には精密検査が必要な人を「異常なし」と判定している場合がある。
精検受診率 精密検査が必要と判断された者のうち、精密検査を受けた者の割合。
精検受診率は高いことが望ましい。
精検未受診率 精密検査が必要と判断された者のうち、精密検査を受けていない者の割合。
精検未受診率は低いことが望ましい。
(精検)未把握率 精密検査が必要と判断された者のうち、精密検査の受診の有無が把握できていない者の割合。
(精検)未把握率は低いことが望ましい。
陽性反応適中度 精密検査が必要と判断された者のうち、がんが発見された者の割合。
基本的には高いほうが望ましい。
がん発見率 がん検診の受診者のうち、がんが発見された者の割合。
がん発見率は高いことが望ましいが、がんが多い地域や少ない地域があるため単純に比較できない。

このページの先頭へ